サイトマップ

ルテイン情報局について

文字サイズの変更

標準

拡大

  • ホーム

  • ルテインとは?

  • ルテインと健康

  • 健康チェックをしましょう

  • ルテインお役立ち情報

Language
中文(繁体字)
中文(簡体字)

ルテインと心臓血管の健康

心臓血管の健康におけるルテインの研究

ルテイン(Lutein)は血清中に存在し、動脈硬化の一要素となる動脈壁の肥厚に影響するのではないかと示唆されています。

少なくとも一つの研究において、高濃度の血清中ルテインは、動脈壁のうすさに関係があると示唆されています。

また、ルテイン(Lutein)のアテローム動脈硬化の進行におけるルテイン(Lutein)の効果に焦点を当てた「ロサンゼルスアテローム動脈硬化研究」のテクニカルサマリーをご覧下さい。

【*印について】
これらのコメントは米国のFDA(食品医薬品局)によってまだ評価されていません。
FloraGLO®ルテイン配合のサプリメント製品はどんな疾病をも予防したり治療・治癒したり診断することを目的としていません。

動脈におけるプラークの蓄積
ルテインと心臓

ルテイン(Lutein)は「善玉」コレステロールである高密度リポ蛋白質(HDL)に含まれており、低密度リポ蛋白質(LDL)コレステロールの酸化を防ぐと考えられています。Circulation における1994年の研究では、フランス人に心疾患率が低い原因のひとつにほうれん草などルテイン含有量が多い食品の摂取が挙げられています。

ルテインと動脈硬化症
  • 血清中のルテインレベルは、ヒトの動脈壁厚と逆の関連があります。
  • ルテイン(Lutein)の補充は、CVD・易発症マウスにおける動脈病変の大きさの縮小(−44%)とLDL酸化の減少(−78%)をもたらします。
  • ルテイン(Lutein)は、酸化傷害を受けた動脈壁細胞への単球の化学親和性を用量依存的に抑制します。
このページのトップへ

『ルテイン情報局』はケミンヘルスの支援で運営されています。

ホームルテインとは?ルテインと健康健康チェックをしましょうルテインお役立ち情報サイトマップルテイン情報局について