サイトマップ

ルテイン情報局について

文字サイズの変更

標準

拡大

  • ホーム

  • ルテインとは?

  • ルテインと健康

  • 健康チェックをしましょう

  • ルテインお役立ち情報

Language
中文(繁体字)
中文(簡体字)

白内障

研究の結果わかったこと
  • ルテイン(Lutein)とゼアキサンチンのみが水晶体に蓄積するカロテノイドで、またこれらは別の幾つかの眼組織にも存在しますが、その濃度は、他のカロテノイド濃度よりはるかに高いことが明らかにされています。
  • ルテイン(Lutein)とその酸化代謝物は、水晶体をはじめとする他の幾つかの眼組織に、他のカロテノイドをはるかに上回るレベルで特異的に蓄積することが明らかになりました。
  • 生体内のルテインレベル上昇は、水晶体の不透明度低下と関連しています。
  • ルテイン(Lutein)とゼアキサンチンを豊富に含む食餌は、白内障の発生リスクを軽減することができます。
  • 体内のルテイン濃度の上昇は、水晶体の光学密度の低下および白内障のリスク減少と関連しています。
  • ルテイン(Lutein)とゼアキサンチンは核性白内障の発生に対して保護的な作用を及ぼします。
  • ルテイン(Lutein)が豊富な食餌の摂取は白内障の発生を遅延させます。
ルテイン研究と白内障
ビーバーダム眼球研究
University of Wisconsin-Madison Medical Schoolのライ博士は、43〜84歳の成人における核性白内障の発病と抗酸化物質摂取について調査を行いました。研究された抗酸化物質すべてのうち、ルテイン(Lutein)とゼアキサンチンのみが核性白内障と関連づけられ、これらカロテノイドがこの病気から眼を守る働きがあることが示されました。
ルテイン(Lutein)と白内障
Harvard Universityの研究により、ルテイン(Lutein)が白内障を予防することを裏づける有力な結果が得られました。これは、1994年に以後の調査の軸となる研究結果を発表した疫学者、ジョアンナ・シェドン氏により実施された調査です。当時、ルテイン(Lutein)を含む果物や野菜を高摂取している女性において、加齢黄斑変性(AMD)のリスクが57%軽減されることがわかりました。シェドン氏はその後、喫煙と加齢黄斑変性症(AMD)リスク増加を関連づける記事を発表しています。
このページのトップへ

『ルテイン情報局』はケミンヘルスの支援で運営されています。

ホームルテインとは?ルテインと健康健康チェックをしましょうルテインお役立ち情報サイトマップルテイン情報局について